スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんハート

2015年05月12日
お知らせが遅くなりましたが
発売中の北海道の愛犬家のための情報誌「わんハート 2015 SPRING & SUMMER VOL.7」に
動物の腫瘍についてインタビューを受けた記事が掲載されています。

よろしければご一読下さい。

wanheart00.jpg wanheart01.jpg

Biology and Diseases of the Ferret 3rd Edition

2015年04月08日
少し前になりますが「Biology and Diseases of the Ferret 3rd Edition」を購入しました。
フェレットの診療は病気についての新しい知見や治療法が毎年のように更新されていくので、日本語の情報として入ってくるまで待っていると一昔前の情報しか入ってこなくなります。

経験もとても大切ですが過去の知識・経験だけで診療をしていると大切なフェレットたちにやってあげられることが限られてしまいますので、海外の最新の文献や英語で書かれた本を読んで、新しい知識、情報を得て診療に役立てています。
全て英語なので読み込むのはさすがに大変です。

ferretbook.jpg

新病院01

2015年03月31日
病院を移転・開院して10日が過ぎました。
病院内部の片づけもほぼ完了し、やっと診療に集中できる環境が整いました。
ここで新しい病院のご紹介Part1をしようと思います。

gaikan01.jpg

以前の病院では専用駐車場がなくご迷惑をおかけしましたが
新病院には病院前に駐車場4台分ありますので、お車でのご来院がしやすくなったと思います。

sinsatu01.jpg

sinsatu.jpg

診察室も2室に増え、一つは検査・処置室へつながるオープンな作りで大型犬などもスペース的に余裕を持って診察をすることができます。
もう一つは個室で音に敏感な猫ちゃんや部屋を暗くする必要のある目の検査やエコー検査時に使うなど
診察内容に応じて部屋を使い分けることで、よりスムーズな診察が可能になりました。

入院室も2室に増え、入院動物の状況により細かな部屋の振り分けをすることができるようになりました。

ope.jpg

そして専用の手術室も設け、内視鏡や超音波メス、電気メス、マイクロエンジンといった麻酔・手術用の機械類を常時設置できるようになり手術準備がよりスムーズに行えるようになりました。

このように今までの病院では実現できなかったことを一つずつ叶えていったのが新しい病院です。
ハード面では設備が整ってきましたが、それに見合うよう我々スタッフも動物医療のプロとして
動物達、飼い主様のために最善を尽くせるよう、これからも常に向上心を持って全力で診療にあたっていきたいと思います。
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。