イブプロフェン中毒

2009年01月09日
先日、イブプロフェンを誤食した犬が来院していました。

イブプロフェンは市販薬にもあり一般的なNSAIDで鎮痛解熱剤として広く扱われています。
しかし、犬、猫では安全域が狭く、小動物領域では処方されることはなく、誤食による中毒がほとんどです。

過量投与による症状としては嘔吐、消化管出血、発作、低血圧、徐脈、頻脈、心房細動、代謝性アシドーシス、昏睡、急性腎不全、ナトリウム停留、高カリウム血症、呼吸抑制などの症状があります。

幸いなことに、死亡する例は診たことはありませんが、犬では50mg/kgでも中毒量になり得るようなので遭遇する可能性は十分にありそうです。

誤食によるものと考えると、犬、フェレットなどはその危険性が高そうです。

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示