フェレットの凝固試験

2008年09月27日
Coagulation values in normal ferrets (Mustela putorius furo) using selected methods and reagents.

Benson KG, Paul-Murphy J, Hart AP, Keuler NS, Darien BJ.
Department of Medical Sciences, School of Veterinary Medicine, University of Wisconsin, Madison, WI.
Vet Clin Pathol. 2008 Sep; 37(3):286-8.

健康なフェレットを使った凝固試験の値

背景:正確な凝固系検査の測定は診断や凝固障害のフェレットの管理に有用である。われわれはこの種の凝固時間を報告したものを知らない。

目的:この研究の目的はプロトロンビン時間(PT)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)、フィブリノーゲン濃度、アンチトロンビン活性の参考値を決定すること。

方法:血液サンプルは18頭の臨床的に健康なフェレットから採取し、9:1になるように抗凝固剤のクエン酸ナトリウムで処理した。集められた血漿は分析までマイナス70℃で保存した。PTとAPTTはフィブロメーターとACL3000による自動測定によって測定した。フィブリノーゲンは比濁法で測定した。アンチトロンビン活性は比色分析によって決定した。方法や試薬の違いはt検定で評価した。

結果:PTはfibrometer(12.3+/-0.3, 11.6-12.7 秒)を使用したものでは、ACL(10.9+/-0.3, 10.6-11.6 秒) (P<.01).に比べ有意に延長した。
PTTは有意な差は無かった。fibrometer (18.7+/-0.9, 17.5-21.1 秒)、ACL(18.1+/-1.1, 16.5-20.5 秒)
しかしエラグ酸を加えた場合は両検査法とも延長した。(fibrometer 20.4+/-0.8, 18.9-22.3 秒; ACL 20.0+/-1.0, 18.6-22.1 秒) (P<.01)
フィブリノーゲン濃度は107.4+/-19.8 mg/dL (90.0-163.5 mg/dL)、アンチトロンビン活性は96%+/-12.7% (69.3-115.3%)だった。

結論:これらの健康フェレットの凝固試験結果は同じ試薬や方法を用いれば凝固障害のフェレットの評価に役立つ。

--
DICなど凝固異常の診断に役立ちそうです。現在使っている測定系の方法を確認しないといけませんね。

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
Comment
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
リンパ検索で伺いました。大変勉強になりました。ありがとうございます。

管理者のみに表示