スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェレットのリンパ腫 あれこれ

2008年09月10日
犬のリンパ腫の診断、治療はあらたなステージを向かえ、今までの各種プロトコールによる生存率、寛解率の比較からPCRによる診断、新Kiel分類などによる治療方法・予後の判断などに、ここ数年で変わってきました。

犬のLow-grade lymphomaなど、昔からそういう病気はあったようですが、普通のリンパ腫と同じように治療されていた症例も多いことと思います。

そういった流れがある中、フェレットでは今後どういう方向に行くのでしょうか。まだまだ猫も情報の蓄積が足りない中でフェレットのリンパ腫における飛躍的な変化は難しいのだと思います。
実際、フェレットのリンパ腫も経験がありますが、今までは犬猫と同じようにCOPベースで治療し、レスキューにCCNUを使ったりとやってきましたが、高齢のフェレットに見られるような低悪性度のものは、現在の症例に対する腫瘍の影響を考え、治療方法を検討する必要もあります。
しかし現状では犬猫の知識の外挿や経験的なものになってしまい、確固としたエビデンスがないのが辛いところです。

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
Comment
ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。