スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェレットの犬ジステンパーウイルス感染症の発症はビタミンAによって影響される

2008年02月06日
Disease manifestations of canine distemper virus infection in ferrets are modulated by vitamin A status.
Rodeheffer C, von Messling V, Milot S, Lepine F, Manges AR, Ward BJ.
McGill University Health Centre Research Institute, Faculty of Medicine, Division of Infectious Diseases, Montreal General Hospital, Montreal, QC, Canada.
J Nutr. 2007 Aug; 137(8):1916-22.

フェレットの犬ジステンパーウイルス感染症の発症はビタミンAによって影響された。
麻疹ウイルス(MV)は幼少期の死亡原因の半数となる。ビタミンAの補給は確かに死亡率、疾病率を減少させる。

麻疹ウイルスに対するビタミンAのメカニズムは理解されておらず、現在のところ十分な麻疹ウイルス感染症の小動物モデルがない。
私達は犬ジステンパーウイルス(CDV)に対するビタミンAの抗ウイルス活性を調査するための研究モデルをフェレットで開発した。
CDVは分子レベルでMVに密接に関連しており、フェレットのジステンパーはヒトの麻疹に似ている。

ビタミンA豊富なフェレット(コントロール群)とビタミンAを減少させたフェレットにジステンパーウイルスを感染させ、高容量のビタミンAのジステンパーに対する影響を評価した。

抑制されたフェレットは発熱、発疹、結膜炎、咳、鼻かぜ、下痢を起こした。
30mgのビタミンAが与えられているコントロール群のフェレットは感染後に典型的なジステンパーの症状を示さず、軽い発疹が出ただけであった。

ビタミンAサプリメントはフェレットの健康に否定的に影響せず、血清、肝臓のビタミンA濃度は100%増加した。
ビタミンA欠乏は高容量のサプリメントにより改善することも確認した。
ビタミンA欠乏は神経性無食欲症、下痢、白内障、行動異常およびジステンパーウイルスの感染の有無に関わらず最終的に死亡する。

標準的なビタミンAの補給を受けている全てのフェレットはジステンパー感染から回復する。
これらの結果は麻疹のヒトにおけるビタミンA療法で観察されたたくさんの様相を反復し、ジステンパーウイルス感染症のフェレットはビタミンAの抗ウイルス活性の研究に適当なモデルであると示された。

--
これは本当なんでしょうかね。犬と異なり、フェレットではジステンパーはほとんど100%死亡するというのが通例だったと思いますが。

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
Comment
フェレットの処置について
こんにちは、数日前にフェレットの処置について失礼だとは思いましたがコメントのほうからいくつか質問させていただきました。ただ、こういった書き込みに慣れないもので上手くコメントが入力されなかったみたいなので再び失礼いたします。

私は今年獣医学科6年になりますが、今度卒論でフェレットを用いることになりました。そこで、いくつかもしよろしければ教えていただきたいのですが。

フェレットの後大静脈の造影をしたいと思っています。そこで、留置針を入れる場合、どの血管から入れることが可能と考えられるでしょうか?出来たら伏在静脈が一番いいと思うのですが、もし失敗などしてだめになった場合の候補となるような血管を教えていただけたらと思います。

それから、挿管して呼吸を管理し、CTなどを取るときに呼吸を止めたりしたいのですが、フェレットでそういう処置は難しいでしょうか?前回麻酔を行ってみたところ、2.5で挿管したのですが、これだとカフが無いのでカフ無しで呼吸を止めるとなるともっと長いチューブで深くまで挿管しないといけないでしょうか。

質問ばかりですみませんが、力になっていただけるとありがたいです。なかなか資料が見つけられなくて困っています。何かよい資料がありましたらぜひ教えていただきたいです。

お願いします。
Re:フェレットの処置について
静脈留置は当ブログにも書いてありますが、橈側皮静脈、サフェナを主に使いますが、麻酔をかけた状態なら頚静脈も使えます。

麻酔時に調節呼吸をしたいということでしたら、カフ付きが望ましいと思います。
フェレットのサイズにもよりますが内径2.0~3.0あたりなら挿管できると思います。
CTを撮る部位、機械の性能にもよりますが、呼吸していても読める画像は取れますよ。
ありがとうございます。レントゲン写真で測ってみましたところ大体気管の直径は5-6mmでした。これならカフつきの3.0は可能でしょうか?それ以下のではカフ無しのものしかありませんよね?
カフ付きでも挿管可能のようですが、実際に使ったことはありません。

ちなみに外科のゼミですか?
解剖学研究室に所属しています。造影の方は放射の先生にお世話になっています。

この研究は元は動物病院からの依頼みたいなものでして、なかなか難しいです。
面白い研究結果がでましたら、研究発表後にでも教えてください。
わかりました。いろいろとありがとうございます!

でも、所詮学生の卒論程度なんでそんなに大した実験じゃないと思います。期待しないでくださいね☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。