フェレットにおける心エコー

2008年01月06日
フェレット、ウサギ、げっ歯類 内科と外科の臨床
という本にフェレットの心臓超音波検査の平均値が載っていますが・・・

--
左心室拡張末期径 11.0mm(平均値)
左心室収縮末期径 6.4mm
左心室後壁厚 3.3mm
左心室内径短縮率 42%
--

犬猫で少しは経験を積みましたが、フェレットではやはり犬猫と同様のレベルで心臓を診ようというのは少々難しいようです。
フェレットで意義のある心エコーの診られる人はいるのでしょうか。
心筋の肥大だとか僧房弁逆流だとかある一面を捉えていうだけなのはナシで。

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
Comment
初めまして
フェレットのこのような症状をどうみられますでしょうか?

6歳メス、920g、貧血あり

ある日、口内の上顎右側から出血。近所や夜間救急獣医にて止血を繰り返す。一カ所治るとまた少し前後にずれた箇所から出血し自力では止まらず、血管収縮薬をつけた脱脂綿で半月程何度も止血。フェレットを詳しく診れる転院先で不整脈、腹水を確認。心臓が原因の腎臓障害からくる口内潰瘍ではないかとの診断。以後一月程強心剤、ベータブロッカー、ACE阻害薬、止血剤、ホルモン剤、利尿薬を朝晩投薬。しかしあまり効果はなく、食欲はあるものの徐々にふらつき弱っていく様子。口内壁の出血も依然繰り返し、最終的には真っ黒い便を数回して全く動けなくなる。それから緊急処置として獣医で腹水を注射で抜いてビタミン等の点滴をするが、帰宅直後に数秒心臓発作をおこす。自力で動けなくなってから体温が上がらず手足腹が冷たいので温め続ける。酸素吸入もするが、一日半後に心臓が停止。死因は狭心症らしいがはっきりせず。口の中の潰瘍のような箇所から出血が止まらないという症状は珍しいとのこと。

このような闘病について何かコメント頂けたらと思います。
Re: 初めまして
はじめまして。
原因がわからないと飼い主さんも私達獣医師も非常に精神的に辛いと思います。

残念ながら上記の症状だけでは、何とも言えません。
それぞれの検査所見があれば鑑別していくことができるかもしれませんが。
出血傾向があるのかどうか凝固系の検査所見と腹水の性状によって何による腹水なのかが
わかれば、少しは方向性が見えてきそうな感じはしますが。

フェレットの医療はまだわかっていないことが多くあります。
亡くなった後に病理解剖をするのは気持ちを考えると難しいかもしれませんが
やはり原因がわからない場合は病理解剖をおすすめします。

管理者のみに表示