スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床の小技

2007年10月16日
フェレットの副腎を描出するときに、以前の病院の癖で今までコンベックスのプローブで背側より検査をしていましたが、リニアのプローブで行なうと非常に綺麗に描出できると今さらながらわかりました。
副腎が後大静脈を圧迫している様子もはっきりとわかります。まだ慣れないこともありますが、今後はリニアプローブで検査をしようと考えています。

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。