フェレットの耳ダニ

2006年09月27日
犬や猫に寄生する種と同一であるため、同居動物からの相互感染も起こり得る。
臨床徴候は頭を振ったり耳を掻いたりするが無症状のものも多い。
いわゆる耳ダニに特徴的な黒褐色蝋様の耳垢が認められるがフェレットでは正常でも認められることが多い。
フェレットで続発性中耳炎、内耳炎による神経症状と斜頚が報告されている。

診断としては他の動物と同じく耳垢の鏡検や耳鏡で直接虫体を確認することによる。

治療は教科書的にはイベルメクチン0.2?0.4mg/kg sc 2週間毎、3?4回。

フェレットは局所療法ではうまく治療できないと書かれていたりもするが米国獣医皮膚科学会の専門医および自らの経験的にも以下の方法で治療できています。

イベルメクチン:0.4?0.5mg/kgを耳道内に局所的に投与する。2週間後に再投与。
セラメクチン(レボリューション):経験的には2?3週間隔で1?2回頚部皮膚に滴下することで治癒する。

*フェレットでは正常でも黒褐色の耳垢が見られることもありますが、診慣れていない場合はこれを犬と同様に外耳炎の症状として誤ってしまうこともあるようで注意が必要です。

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
Comment
こんにちは。初めまして。

どうしても気になることがあり、ご意見お聞きしたいのですが…。

現在8ヵ月になる雌のフェレットを飼っています。
先日、耳から変な臭いがするので、病院に行って耳の検査していただきました(耳ダニの検査)。異常なしといわれたのですが、やはり変な臭いがするのです。他の子には無い臭いですし、この子自体難聴傾向があり、これが原因かと不安です。特に耳を痒がる等の症状はありません。

また、病院で診ていただくにしても、どういった検査をして頂けばいいのか。中耳炎、内耳炎はどういった症状なのか。臭いがすることについて、他にどういった病気の可能性があるのか。

教えて頂けたら、嬉しいです。
宜しくお願いします。
はじめまして。
おそらく1回の検査で耳ダニが見つからなかっただけか
フェレットでは比較的珍しいですが、細菌やマラセチアによる外耳炎かもしれないですね。
動物病院に行って頂いて、症状を説明していただければ普通に検査してくれると思います。
通院後の経過なども教えていただけたらと思います。
こんにちは。

今週末にでも病院に行き、再検査して頂きます。
その際、マラセチアのことも、言ってみます。
経過は、後日、ご報告いたしますね。

回答、有難うございました。
耳ダニの孵化について
こんにちは、はじめまして。
お忙しいところ申し訳ないのですが、一つ疑問がありまして先生にご質問させて貰ってもよろしいでしょうか?

今耳ダニの子がいまして耳ダニに関する事項を色々と調べています。
しかしいざ調べてみると耳ダニの卵が孵化するのに2~4日というパターンと3週間というパターンの2パターンがでてきました。
個人的に3週間というのは、孵化から成虫になるまでの期間と思っているので前者が正しいのでは?と思っているのですが、正解はどちらなのでしょうか?
はじめまして。
お家の耳ダニの子は痒がっていませんか?

耳ダニの卵は3~8日で孵化して卵から成ダニまでの一世代が2~3週間のようですね。
ご参考になれば幸いです。
ありがとうございます。
こんにちは。

まず最初に
ご丁寧に回答下さりまして誠にありがとうございます!

そして質問にしっかりと回答して貰ったのにもかかわらず

お礼のお返事、こんなにも遅くなりまして大変申し訳ありません。

質問しといて、本当にお恥ずかしい限りです。


耳ダニ、そうですよね!
やはり
>卵は3~8日で孵化して卵から成ダニまでの一世代が2~3週間
ですよね!

改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました!

管理者のみに表示