モルモットの潰瘍性足底皮膚炎

2006年08月29日
うさぎと異なりモルモットの場合は後肢の中足骨以外にも前肢の中指骨にも好発する。
肢底部は肥厚、発赤、潰瘍がみられ、重症例では病変部が丸く腫大し膿瘍や関節炎、骨髄炎を引き起こすこともある。
疼痛によって頻繁に鳴き、動くのを嫌がる。

□ 原因
・硬い床のケージ
・不衛生な床
・小さいゲージによる運動不足
・肥満
など

□ 治療アプローチ
レントゲンは必ず撮影し骨病変のないことを確認する。

治療期間中のケージの床環境の改善としてタオル、その上にペットシーツを敷く。うさぎほどはペットシーツを食べない個体が多いようです。
モルモットは排泄量が多いのでシーツがある程度汚れてきたら1日に数回交換します。
骨病変のない軽症例では抗生物質の全身投与と病変部に応じてドレッシング材を用いた局所治療を行ないます。
治癒するまで2?3ヶ月かかる場合が多いです。

関節炎のある症例では完治が難しく、片脚の骨吸収像の進行する重症例では断脚も検討します。

普段の診療から良く起こる病気として予防法をクライアントエデュケーションを行なう必要がある疾病の1つだと思います。
以下は実際に自分で飼っているモルに実施している予防の例です。

・金網ケージ(いろいろ意見はあると思いますがモルモットは排泄量が多いため、糞尿が下に落ちる金網は衛生面や掃除の手間などを考えると個人的にはおすすめです)
・小さなスノコや「わらっこ倶楽部のうさぎの座ぶとん」などモルモットが休める場所の設置
・床に牧草を敷き詰める
・1日に最低2回の掃除
・運動可能なやや大き目のケージ
・体重管理

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
Comment
はじめまして。
はじめまして。
履歴から訪問させていただきました。
獣医さんなんですね~。
大変そう。
うちは4羽のうさとクサガメがおりますが、
いつもエキゾチックの病院にはお世話に
なりっぱなしです。

実は昨年生まれたうさの里親さんも
獣医さんなんですよ。それもお2人!
お1人は今年試験に合格されたほやほやさん。もうお1人方は免許は持っていらっしゃいますが、研究職につかれています。
大切にしてくださってるし、何よりもしもの時、すごく安心です。
> フミさん

モルモットが痒がって掻いているのはかわいそうですね。
モルの掻痒を伴う皮膚炎の場合も細菌、真菌、外部寄生虫感染、アレルギー性皮膚炎などが疑われます。
今までどういった内容の治療をどれくらい行なったかわからないので一般的なことを言いますと
まず抜毛検査によって真菌、寄生虫を除外し細菌性皮膚炎に対する治療を試験的に行い反応を見ます。
改善に乏しい場合は外部寄生虫に対して試験的に治療を行ないます。その間に真菌の培養検査なども行なうとよいかもしれません。

アレルギーに関しては環境中の何がアレルゲンになるか、小動物の場合は検査が困難なため疑わしいものは排除するのが基本です。

モルモットに関わらず皮膚病の場合は診断や治療に時間がかかることが多いので途中で治療や検査をやめると結果的に治るのに時間がかかることが多いですよ。

管理者のみに表示