フェレットの骨関節炎

2013年09月14日
フェレットが跛行、ふらつきを起こす場合、通常は低血糖や体調が悪いことに起因する後肢のふらつきがほとんどなので、フェレットの診察に慣れていない動物病院では判断に迷うことも多いと思いますが
まれに犬猫と同じように変形性関節症が原因で跛行、ふらつきが起こることがあります。

frdakyu.jpg

この例では右股関節脱臼、左股関節の重度の変形性関節症が起こっています。
実際、このフェレットは後肢の跛行がありました。
フェレットは体重が軽いため、通常このような変形性関節症による症状は珍しいと考えていいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示