スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラトニンはミンクのアリューシャン病の死亡率を減少させる。

2006年06月23日
■ メラトニンはミンクのアリューシャン病の死亡率を減少させる。
14.J Pineal Res. 1996 Nov; 21(4):214-7.
Ellis LC. Department of Biology, Utah State University, Logan 84322-5305, USA.

アリューシャン病(AD)はパルボウイルスの持続感染の結果起こる。
著しい高ガンマグロブリン血症を示し、免疫複合体は腎臓、肝臓、肺、動脈の病変を引き起こす。
メラトニンはアリューシャン病の野生種もしくはdemi系統とdemi/dark交差系統のミンクの両方を保護できた。
皮下に注射された蓄積型の生体アミンインプラントが有効であるとき、ミンク農場で自然発生した別の診断されていない病気に対してもやはり有効であった。
メラトニンの保護作用はフリーラジカルを除去する能力から生じるように思われるが抗酸化酵素の誘導や免疫の調整に起因するのかもしれない。
メラトニンはミンクのジステンパーに対しても有効である。

<コメント>
フェレットのアリューシャン病の治療に関して教科書には記述が少ないのですが、この文献はADの予防や治療に対してメラトニンの経口もしくはインプラントの投与を行なうエビデンスとなりうる数少ない文献です。
和訳が固いのはご了承ください。

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。