FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬アトピー性皮膚炎の新薬

2017年11月22日
犬アトピー性皮膚炎の治療薬として急性期にも慢性期の治療にも使用できる新薬(アポキル)が日本に登場してから1年が経ちました。

当院でも多くの犬の患者さんに使用してきましたが治療効果が高く、副作用も少ないため、犬のアトピー性皮膚炎の維持がしやすくなりました。
当院ではアトピー性皮膚炎の治療の第一選択として使用しており、良い感触を得ています。
ただやはり、アポキルでも治療反応がない慢性の難治性の子もいます。

そういった子には、当院ではオゾン療法、減感作療法といった治療を併用したり
人医療で主流になっているステロイド外用プロアクティブ治療を積極的に行っています。(犬の場合は毛があるため難しい場合も多いですが)
個人的な感触としてはシクロスポリンとオゾン療法の併用が、難治性の子に効果がある例が多い印象があります。

スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。