超音波メス・ソノサージ導入しました

2013年09月24日
あつき動物病院では超音波メスのソノサージを導入しました。

従来の電気メスでは出来なかった血管のシーリングと切開を同時にできるので
この手術機器を使うことによって以下のようなメリットがあります。

血管や組織を縫合、結紮せずに止血、切開が行えます。(体内に糸を残しません)
手術時間の大幅な短縮や止血の安全性の向上により、動物の負担を軽減します。

これらのメリットによって、今まで以上に重症動物の手術に対応可能になります。

動物病院でよく行われる避妊手術、去勢手術、腫瘍摘出手術、脾臓摘出手術などに使用します。
手術時の動物への負担が軽減されるため、手術で悩んでいる方は一度当院までご相談ください。

あつき動物病院では今後も安全で負担の少ない医療を動物に提供できるよう
技術習得、設備の充実に努めてまいります。

sonosurg_s.jpgsonosurg01_s.jpg
スポンサーサイト

フェレットの骨関節炎

2013年09月14日
フェレットが跛行、ふらつきを起こす場合、通常は低血糖や体調が悪いことに起因する後肢のふらつきがほとんどなので、フェレットの診察に慣れていない動物病院では判断に迷うことも多いと思いますが
まれに犬猫と同じように変形性関節症が原因で跛行、ふらつきが起こることがあります。

frdakyu.jpg

この例では右股関節脱臼、左股関節の重度の変形性関節症が起こっています。
実際、このフェレットは後肢の跛行がありました。
フェレットは体重が軽いため、通常このような変形性関節症による症状は珍しいと考えていいと思います。
 | HOME |