スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェレットの心疾患

2012年11月29日
フェレットの心臓疾患はたびたび遭遇する疾患です。

過去の報告や成書をみると拡張型心筋症や肥大型心筋症、弁膜疾患(僧帽弁、三尖弁、大動脈弁閉鎖不全)の記載を見ますが
詳細はわかっていないのが現状です。

小さな心臓と早い心拍数のため心臓の超音波検査で詳細に検査をするのが困難なのが理由でしょう。

最近の国内での報告例では、過去の報告とは異なり
拡張型心筋症の症例がおらず、すべての症例で弁膜疾患が確認され、その8割は大動脈弁閉鎖不全だったとの報告例があります。

超音波検査装置の性能の向上と共に、症例数が集まると情報が集積されさまざまなことがわかってくるのでしょう。
今後も心疾患が疑われる症例には犬猫だけでなくフェレットでも積極的に超音波検査(エコー検査)を行う必要があります。


ちなみに心疾患の症状は元気・食欲の低下、体重減少といったどの病気でも起こりうる症状や健康診断で発見される無症状の例、発咳、呼吸困難、腹囲膨満、後肢のふらつきなどといったものまでさまざまな症状を引き起こします。

症状を示さない早期の心疾患もあるので、病気の早期発見のために健康診断は欠かせませんね。
スポンサーサイト

年末年始の診療について

2012年11月27日
今年も残すところあと僅かになりました。
年末年始は臨時休診がありますのでご注意ください。

12月31日~1月3日 休診となります。

今年も最後まで気を抜かず精進してまいります。
2013年もあつき動物病院をよろしくお願い致します。

内視鏡導入しました

2012年11月18日
2010年の開院以来、当院で対応可能な医療の充実および動物に負担の少ない医療のために
毎年さまざまな医療機器を導入してきました。

そしてついに当院に電子内視鏡を導入いたしました。

naisikyou_m.jpg

今回導入した内視鏡スコープは動物病院ではまだ比較的珍しい細径スコープです。
先端径が5.9mmと細く、人の経鼻内視鏡として使われているシステムのため
獣医療においては従来の内視鏡では挿入が困難だったチワワやトイプードルなどの超小型犬や猫、フェレットにも使用が可能になりました。

この消化管内視鏡では異物の摘出、胃や腸の内部からの観察、組織生検などを行なうことができます。

近日中に各種鉗子類が揃い次第、当院でも本格始動します。

臨時休診のお知らせ

2012年11月01日
ホームページと院内ではすでにお知らせしていますが
11月は臨時休診があります。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。

11月8日(木) 午後休診
11月9日(金)~11月12日(月) 休診


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。