スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キレイな歯に。スケーリングについて

2010年10月11日
先日はとくダネ!でも放映されていましたが犬も猫も人と同様に歯周病は非常に多く
そして自宅でペットに歯みがきをしている方が少ないのも現状です。

当院ではデンタルケアには力を入れており、歯の状況に合わせて飼い主様にご自宅でのケアの仕方を診察時にお話しすることも多いです。

歯石は放っておくことによって口臭や歯周病の原因になり歯がグラグラして、ワンちゃん、飼い主様どちらの生活の質も落としてしまいます。
また歯石、歯垢の中の細菌がさまざまな感染症の原因になるとも言われています。

そこで当院では飼い主様のご要望にお答えして、無麻酔での歯石除去を実施していることもあり、ホームページを見て数多く問い合わせを頂き、遠いところからも通っていただいたりします。
問い合わせで良くあるのが「麻酔をかけての歯石除去は行なっていないのですか?」という質問です。
当院でも基本的には麻酔をかけての歯科処置をお薦めしていますが、ごく僅かしか歯石がついていなかったり、高齢で基礎疾患もあって麻酔を避けたほうがいい場合などには、積極的に無麻酔での歯石除去を行なっています。

愛犬、愛猫の歯石や口臭のことで気になることがありましたら一度診察に来ていただければと思います。

人気ブログランキング
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。