FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診療動物・業界のウラ

2006年06月10日
今まで診療したことのある動物種としては犬、猫、ウサギ、フェレット、モルモット、ハムスター、チンチラ、プレーリードッグ、シマリス、リチャードソンジリス、ハリネズミなどです。
今現在メインで診察するのはやはり犬→猫→ウサギ→フェレット→ハムスター→その他といった感じになります。

世の中には診察のメインがウサギやフェレットという病院もあります。
そういった病院で以前働いていましたが熱心なオーナーは全国から集まってきていました。それだけ症例も豊富になりますし、診療技術や経験も向上していきます。それらを学会発表などをして他の獣医師と共有し治療技術を向上していければいいのですが、大人の事情やらいろいろな考え方があるようで・・・
学会で有名な先生とオーナーの間で有名な先生というのは結構ずれがあるようです。どちらがどうというのは不明ですが・・・

人気ブログランキング
スポンサーサイト

獣医さんのペット

2006年06月05日
もともと犬猫以外のいわゆるエキゾチックアニマルの診療に興味があったというのもあり、本やセミナー、学会などで勉強をしつつ尊敬するエキゾの得意な先生にいろいろ教えてもらいながら、飼ったこともなかったのですが診察を行なっていました。

よくテレビに出ていた野村潤一郎先生じゃないですが、飼ったこともない動物を診るというのは飼い主さんとの間に微妙なズレが生じやすいというのもあり、まずはうさぎを飼ってみよう!ということでネザーランドドワーフを飼っています。他にもペットは飼っていますがその紹介はまた後日に・・・



飼って初めてうさぎが急にバタンと倒れるところも見ましたし、チモシー、アルファルファ以外にマニアックな牧草の話やトイレのしつけなど飼い主さん相手に話すことも増えました。
「私もうさぎを飼っているのですが」
「うちのうさぎの場合は」
などといったコメントをすることによって患者さんの反応もよくなりますし、飼ってよかったなと思えることばかり。
同僚からもうさぎの診察になると話し込むね?と言われる次第です。

エキゾチックの飼い主さんは犬猫に比べて動物の話をするのが好きな人が多いようですし、これからエキゾチックの診療を始める先生方もまずは“ペット”として飼ってみるのもいいかもしれません。
余談になりますが、以前私が勤めていた病院のフェレットの診療で有名な先生はフェレットを飼ったことは無いようでしたが、知識、経験、オーナーの信頼は絶大なものでしたけど。。。

人気ブログランキング
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。