FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピー性皮膚炎の治療とオゾン療法

2014年01月31日
当院でオゾン療法を実施できるようになってから早いもので1年が経ちます。

その間、アトピー性皮膚炎や腫瘍疾患、椎間板ヘルニア、慢性腎不全など様々な疾患に使用してきましたが
今回はその中のアトピーの治療に関して報告したいと思います。

以前の報告では、なかなか治らない犬猫のアトピー性皮膚炎の治療にオゾン療法を行った場合
治療の有効率は約70%と言われており、インターフェロン治療やシクロスポリンの投薬に並んで非常に効果がある治療法です。

その中でも30%程度の子はオゾン療法のみで劇的に効果があるため、驚くほどの改善があります。
そこまでの効果が見られない例では、オゾン療法単独では完全な改善は得られませんが
ステロイドやシクロスポリンなどアトピーの治療に使う薬を減らすことができるので
薬の副作用の軽減や治療効果の相乗作用が得られます。

当院で実際に行った治療の反応率としては過去の報告通りの印象で、オゾン療法単独で劇的な改善が得られる例はやや少ない割合にはなりますが
数年間、ステロイド治療を行っても改善のなかった痒み、脱毛や皮膚のかさぶた、べたついたフケなどが
オゾン療法単独でみるみるうちに改善する例があるのも事実です。

従来の治療法では治療困難な例、ステロイドを使用したくない場合、シクロスポリンなどを使用しているが効果が不完全な場合など
当院ではオゾン療法はアトピー性皮膚炎の治療になくてはならない治療になりました。
今後はどのような子に効きやすいかなど、治療反応に傾向があるのか検討したいと思っております。
スポンサーサイト

オゾン療法の効果

2013年03月17日
当院でオゾン療法を実施できるようになってから、さまざまな病気に対し従来の治療法に加えオゾン療法を実施してきました。

当院ではオゾン療法を腫瘍性疾患、アトピー性皮膚炎に代表される皮膚病に主に行っていますが
慢性腎不全、糖尿病、椎間板ヘルニア、骨折治療など書ききれないほど非常に適応範囲は広いです。

今回は日々の診療の中で、実感したオゾン療法の効果をご紹介したいと思います。


オゾン療法をさまざまな病態に実施する中で、高齢な子は目的とする症状の改善のほかに
元気になる例が非常に多いです。

再診時に「先生!なんだか最近元気になったよ」という声を多くいただきます。

これがオゾン療法のアンチエイジングの効果なのでしょうか。

病気でなくても高齢な子で、年だからか最近「元気がない」「寝てばかりいる」といった例にも
従来ではもう年も年だからとあきらめ気味だった子に、積極的に実施するといい効果がみられるのではと思っています。

そこまで心配はしていないけれど、年だからか最近元気がないと感じている子がいましたら、ぜひ数回オゾン療法を受けてみてください。
効果を実感できる可能性が高いと思います。

オゾン療法

2013年02月23日
当院でオゾン療法を実施できるようになりました。

なじみが薄いとは思いますが、オゾン療法はヨーロッパで以前から行われている治療法で
人医療や動物医療でも最近注目度が高まっています。

従来の治療法では治療が難しい病気や、抗がん剤などの副作用の軽減、相乗効果、老齢動物の体調維持など
適応が幅広いのが特徴です。

オゾン療法についての詳細はこちらを参照して下さい。

オゾン療法は動物医療ではまだ新しい分野の治療法になりますが、非常に有用性の高い治療法だと感じています。

当院でもアトピー性皮膚炎、がん(腫瘍)、腎不全、アンチエイジングなどの症例で、すでに効果がみられた例がありました。
オゾン療法がどんな治療法なのか知っていただくためにも今後、このブログでもご紹介していければと思います。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。